●●●●●

更新日:2009年06月04日

桜坂劇場問合せ:098-860-9555

ポスター

MONROI モンロワ 愛を巡るそれぞれの理由

2015年/フランス/126分/カラー/R15+

監 督 :マイウェン

出 演 :バンサン・カッセ/エマニュエル・べルコ/ルイ・ガレル/イジルド・ル・ベスコ

公式サイト>>



▲予告編



  • 4/24(月)〜4/27(木)
  • 10:20
  • 16:50
  • 4/28(金)
  • 16:50
  • 4/29(土)〜5/12(金)
  • 調整中です。

もっとリアルで官能的で、大人が満足できる恋愛映画を。

甘い恋の話もいいけれど、〈激しい愛〉に胸を焦がしたいですね。お待たせしました。恋愛がもたらす、愛憎と蜜と毒を、恐れずに真正面から描いた傑作が誕生です。 バツイチのトニーは、学生時代密かに憧れていた年上の男・ジョルジオと再開。恋に落ちる。お互いを深く知らないまま、急速に惹かれあい、愛し合った二人は、妊娠・結婚。しかし、幸せの絶頂を転げ落ちるようにジョルジオは女絡みの事件を巻き起こす。かつてのジョルジオは常に美女をはべらせた遊び人。惚れた女の弱みなのか。結婚してもなお、裏切っては愛を誓い、逃げ出しては舞い戻る嵐のようなジョルジオと、それでも彼を愛するトニーが織りなす10年間の愛の物語。


カンヌが絶賛する才能が贈る 官能的な大人のための物語。

メガホンを取ったのは、新鋭の女性監督マイウェン。甘いだけの物語はもう十分、もっとリアルで官能的な、大人が満足出来る恋愛映画が観たい。そんな多くの女性たちの声に応えた作品だ。前作「パリ警視庁:未成年保護特別部隊」は、カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した。 強く求めあうのにすれ違う男と女の姿を通して、恋愛の眩しい光と突き刺す影、甘い蜜と痺れる毒。その全てを恐れずに真正面から描いている。