●●●●●

更新日:2009年06月04日

桜坂劇場 問合せ:098-860-9555

ポスター

20センチュリー・ウーマン

2016年/アメリカ/119分/PG12

監 督 :マイク・ミルズ

出 演 :アネット・ベニング/エル・ファニング/グレタ・ガーウィグ/ビリー・クラダップ/ルーカス・ジェイド・ズマン

公式サイト>>

  • 第89回アカデミー賞脚本賞ノミネート


▲予告編



  • 6/3(土)〜6/7(水)
  • 9:50
  • 12:00
  • 14:20
  • 21:10
  • 6/8(木)
  • 9:40
  • 12:20
  • 14:40
  • 21:10
  • 6/9(金)
  • 9:40
  • 12:00
  • 14:20
  • 21:10
  • 6/10(土)
  • 13:20
  • 6/11(日)〜6/16(金)
  • 15:20
  • 21:40
  • 6/17(土)
  • 19:10
  • 21:40
  • 6/18(日)〜6/20(火)
  • 16:50
  • 21:20
  • 6/21(水)〜6/22(木)
  • 16:50
  • 6/23(金)
  • 16:50
  • 21:20
  • 6/24(土)
  • 19:20
  • 6/25(日)〜6/30(金)
  • 19:00
  • 7/1(土)
  • 21:20
  • 7/2(日)〜7/5(水)
  • 16:20
  • 7/6(木)
  • 10:20
  • 7/7(金)
  • 16:20
  • 7/8(土)
  • 18:50
  • 7/9(日)
  • 21:40
  • 7/10(月)〜7/14(金)
  • 17:10

マイク・ミルズ監督最新作。 1979年夏のアメリカの小さな町を舞台にした物語。

15歳の反抗期の少年と自由奔放なシングルマザーの親子と、2人を助ける個性的な女性たちの、ひと夏の物語をユーモアを交えて爽やかに描きます。 舞台は1979年のアメリカ西海岸・サンタバーバラ。 思春期を迎える息子ジェイミーの教育に悩む、シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)。ある日彼女はルームシェアで暮らすパンクな写真家アビーと、近所の幼馴染のジュリーに「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」と、息子の相談を投げかけます。そして、15歳のジェイミーと、彼女たちの"特別な夏”が始まります。 前作『人生はビギナーズ』で自身の父親を題材にしたマイク・ミルズ監督。今回は自身の母親を題材に脚本を執筆したそうです。


個性豊かな女性たちと思春期の少年。

シングルマザーとしてひとり息子ジェイミーを育てるドロシアは、毎朝新聞で株価情報をチェックし、他の煙草に比べて健康的という理由でセーラムを大量に吸い、パイロットに憧れる女性。 ジェイミーと友達以上恋人未満のジュリーは、セラピストの母親に日々グループセラピーの参加を強いられ家庭に対して強い違和感を持っています。 ドロシアの家を間借するアビーは、子宮頸癌を煩いながらも日々の出来事を日記代わりに撮影する趣味を持つ女性。 思春期真っただ中の息子ジェイミーはスケボー好きで、パンクロックにはまり親に反発をくりかえします。 そんな個性豊かな4人が繰り広げるひと夏の物語です。


公式サイトも要チェック!

この映画の公式ホームページ、いろいろな工夫が凝らされています。自分が生まれる前の若かりし頃のお母さんの画像をアップできたり、1979年のラジオ番組風に監督がおしゃべりを交えて音楽を紹介するコーナーがあったり。 ぜひチェックしてみてください。