●●●●●

更新日:2009年06月04日

桜坂劇場 問合せ:098-860-9555

ポスター

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

2015年/ドイツ/105分/カラー

監 督 :ラース・クラウメ

出 演 :ブルクハルト・クラウスナー/ロナルト・ツェアフェルト/セバスチャン・ブロムベルグウ/イェルク・シュットアウフ

公式サイト>>



▲予告編



  • 6/17(土)
  • 14:30
  • 19:20
  • 6/18(日)
  • 20:30
  • 6/19(月)〜6/20(火)
  • 14:30
  • 19:20
  • 6/21(水)〜6/22(木)
  • 19:20
  • 6/23(金)
  • 14:30
  • 19:20
  • 6/24(土)
  • 10:10
  • 6/25(日)〜6/30(金)
  • 18:40
  • 7/1(土)
  • 10:00
  • 7/2(日)〜7/5(水)
  • 14:10
  • 7/6(木)
  • 19:00
  • 7/7(金)
  • 14:10

ナチス最重要戦犯捕獲。 その歴史的大作戦の裏に隠された驚くべき真実。

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。ナチス戦犯の告発に執念を燃やす検事長フリッツ・バウアーのもと、南米から逃亡中のナチス親衛隊中佐・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。そこにはアイヒマンが、アルゼンチンに潜伏していると情報が記されていた。 バウアーはアイヒマンを拘束し、罪をドイツの法廷で裁くため、国家反逆罪に問われかねない危険も顧みず、その極秘情報をモサド(イスラエル諜報特務庁)に提供する。しかしドイツ国内に巣食うナチス残党による妨害や圧力にさらされて、孤立無援の苦闘を強いられる。 本作はアインヒマン捕獲作戦を実現へと導いた陰のヒーローというべき一人のドイツ人にスポットを当てた。長らく封印されていた極秘作戦の裏側の真実をサスペンスフルなタッチで描き、ドイツ映画賞で6冠に輝いた。


数百万人のユダヤ人を強制収用所に送った 悪名高き戦犯。

第二次世界大戦でヒトラー率いるドイツが敗北すると、数多くの重要戦犯が海外へ逃亡。ナチス・ハンターによる執拗な追跡作戦が繰り広げられた。その中でも最も悪名高きナチス戦犯がアドルフ・アイヒマン。戦時中に数百万人ものユダヤ人を強制収容所へ送り、ホロコーストの中心的役割を担った。